イメージ
お知らせ
みんなねっと事務局

身体拘束ゼロを目指す院内集会第3弾

現在行われている厚労省の検討会で示された身体拘束実施基準の“見直し案”を徹底検証する

7 ヶ月前 NEW!

身体拘束ゼロを目指す院内集会第3弾

主催:精神科医療の身体拘束を考える会

私達は、現在開催されている「地域で安心して暮らせる精神保健医療福祉体制の実現に向けた検討会」にお
いて、人権状況が改善され、今までの体制が改革されることを切望してきた。
しかしながら実際は、身体拘束の実施要件を定める大臣告示に、今までにない「検査及び処置等を行うこと
ができない場合」という文言を新たに加える案が示され、集会開催後の検討会では今度はそれに代わり「患
者に対する治療が困難な場合」という文言が用いられ、引き続き実施要件が緩和、拡大する方向が維持され
たままである。さらには、医療保護入院については、いったん「将来的な廃止」の文言が入ったが、その後
の検討会では削除され「将来的な継続を前提とせず、縮減に向けて検討」とされた。いわゆる精神科特例に
関しても、「廃止された」と言うば かりで実際に少ない医師の人員基準のことは一切触れることもしない。
2004年の“精神保健医療福祉の改革ビジョン”では、「立ち後れた精神保健医療福祉体系の再編と基盤強化
を今後10年間で進める」としていたが、今やそれもなきものにされようとしている。
このような危機感の下に広範な市民、国民、関係者と共にあるべき姿を求めたい。

開催日時 2022年 4 月 28 日 (木) 12:30 14:30(受付 12:00より)
オンライン(ZOOM)
【申込 方法 】 下記リンクかメールにてお申し込みください
申込リンク
E-mail/ sankakibou22@gmail.com  お名前・ご所属等
【締め切り】
4月26日。前日までに参加 URLをお知らせします。

イメージ
PDFファイル
身体拘束ゼロを目指す院内集会第3弾
ダウンロード 571.8 KB
公益社団法人全国精神保健福祉会連合会 みんなねっと事務局
167-0054
東京都 杉並区 松庵 3-13-12
03-5941-6345 FAX 03-5941-6347