イメージ
配偶者の立場

家族による家族学習会≪配偶者版≫セミナー

2019年9月7日(土) 東京福祉大学池袋キャンパス8号館 6階教室
3 年前

家族による家族学習会とは

 「家族による家族学習会(以下家族学習会)」とは、精神疾患を有する方のご家族を「参加者」として迎え、同じ立場の家族が「担当者」としてチームで運営・実施する、小グループで行われる体系的なピアサポート・プログラムです。このプログラムでは、テキストを使って、疾患・治療・回復・対応の仕方などの正しい情報を学ぶとともにご家族自身の体験に基づいた知識や知恵を共有します。プログラムの目的は家族が「元気になること」です。

  • 配偶者版のプログラムと 本セミナーについて

    これまで、家族学習会は「親」や「きょうだい」「子どもの立場」が開催されています。配偶者、パートナーの方たちは苦労や不安に焦点を当てた配偶者版の家族学習会実施を目指しています。

    このセミナーは、「家族による家族学習会」に興味を持っていただくためのもので、実施の仕方を具体的にお伝えするものではありません。

※ 家族支援に興味のある方であれば、どなたでも参加していただけます。ただし、配偶者の立場のグループワークには、他の立場の人は参加できません(周りで見学していただきます)。


 開催日時:2019年9月7日(土) 13:30~16:00(開場13:00)

 場所:東京福祉大学池袋キャンパス8号館 6階教室

 申込方法:参加ご希望の方は、事前にe-mailにてお申し込みください。その際、氏名、立場(配偶者、配偶者以外の家族、支援者など)をお知らせください。家族会に所属されている方は家族会名、支援者の方はご所属もお願い致します。個人情報は本セミナーの運営以外の目的では使用しません。

 参加申し込み:tokyo_partner@yahoo.co.jp 件名を「セミナー参加申し込み」としてください。

 ※参加確認のメールを送らせていただきます。

【保育希望の方】

 お子様連れでの参加をご希望の方のために、保育ボランティアを用意しています。参加申し込みの際に、保育希望、お子様の年齢、性別、特記事項があればお知らせください。また、保育ご希望の方には、お子様おひとりにつき、28円を保険料としてお支払いいただきます。

※社会福祉法人全国社会福祉協議会が提供するボランティア保険にご加入いただきます。

イメージ
PDFファイル
家族による家族学習会≪配偶者版≫セミナー
ダウンロード 827.6 KB
関連リンク
精神に障害がある人の配偶者・パートナーの支援を考える会
https://seishinpartner.amebaownd.com/
みんなねっと
https://seishinhoken.jp/
COMHBO 地域精神保健福祉機構
https://www.comhbo.net/
うつ病患者の家族向けコミュニティサイトencourage(エンカレッジ)
https://encourage-s.jp/service/
関係団体
精神に障害がある人の配偶者・パートナーの支援を考える会 配偶者の立場
181-8612
東京都 三鷹市 下連雀 5-4-1
杏林大学保健学部 作業療法学科 前田直