イメージ
みんなねっと事務局

第6回  精神障がい者と家族のための市民公開講座「みんなで双極性障害を学ぶ~当事者や家族だけで悩まない社会に~」

2022年12月4日₍日₎ 13:00~15:30 オンライン開催(zoomウェビナー)
1 ヶ月前 NEW!

双極性障害の有病率は、約100人に1人といわれており、決して珍しい病気ではありません。しかし、正しく理解している人は決して多くありません。
本市民公開講座では、双極性障害の病態、治療、再発予防、日々の暮らしの課題や問題解決のための支援などについて、経験豊富な専門の先生や支援者、また当事者・家族の立場から、ご自身の体験についてそれぞれお話しいただきます。
また、Q&Aセッションでは、参加者の皆さまから事前にご質問をいただき、当日演者の皆さまからご回答いただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇日  時:12月4日(日)13:00~15:30
〇場  所:オンラインにて開催(zoomウェビナー)
〇参 加 費:無料
〇申込方法:下記URLよりお申し込みください。
      https://entry.smktg.jp/public/application/add/4149
      *12月2日(金)に視聴用URLとパスワードをお送りいたします。
〇申込〆切:12月1日(木)13:00
〇詳細はこちらからもご確認いただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<プログラム>
開会の挨拶/
神庭 重信氏 (一般社団法人日本うつ病センター理事長/栗山会飯田病院顧問/九州大学名誉教授)

講演1. 双極性障害はどんな病気か
 加藤 忠史氏 (順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学 医学部精神医学講座 主任教授)

講演2. 双極性障害のある人への生活支援 ~包括性、積極性、当事者性~
 梁田 英麿氏 (東北福祉大学せんだんホスピタルリハビリテーション部 包括型地域生活支援室(S-ACT)室長)

講演3. 当事者、ご家族の体験談
 矢部 滋也氏 (一般社団法人北海道ピアサポート協会 代表理事)
 半澤 真澄氏 (千葉市ファーム栗の木家族会)

Q&Aセッション (質疑応答)
 司会:神庭 重信氏
 回答者:加藤 忠史氏
 回答者:梁田 英麿氏
 回答者:矢部 滋也氏
 回答者:半澤 真澄氏

閉会の挨拶/
 神庭 重信氏 (一般社団法人日本うつ病センター理事長/栗山会飯田病院顧問/九州大学名誉教授)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●共催
  特定非営利活動法人地域精神保健福祉機構 (コンボ)
 公益社団法人全国精神保健福祉会連合会 (みんなねっと)
 特定非営利活動法人全国精神保健職親会 (vfoster)
 一般社団法人日本うつ病センター
 大塚製薬株式会社

イメージ
PDFファイル
第6回  精神障がい者と家族のための市民公開講座「みんなで双極性障害を学ぶ~当事者や家族だけで悩まない社会に~」
ダウンロード 773.5 KB
公益社団法人全国精神保健福祉会連合会 みんなねっと事務局
167-0054
東京都 杉並区 松庵 3-13-12
03-5941-6345 FAX 03-5941-6347