公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会
アイキャッチ画像
月刊みんなねっと みんなねっと事務局

2015年11月号

【特集】日本でも本人と家族を共に支援する家族支援の実現を-メリデン版訪問家族支援・研修報告-

2015年10月27日掲載

知っておきたい 精神保健福祉の動き

精神医療・保健・福祉に関する最新情報をお知らせします

〇 障害者政策委員会(第25.26回)

〇 社会保障審議会障害者部会(第69.70回)

〇 高齢消費者・障害消費者見守りネットワーク連絡協議会(第11回)

みんなねっとの活動

〇 北海道・東北ブロック大会

〇 北信越ブロック大会

〇 中国ブロック大会

〇 みんなねっと福岡大会

【特集】日本でも本人と家族を共に支援する家族支援の実現を-メリデン版訪問家族支援・研修報告-

佐藤純/京都ノートルダム女子大学
6月に英国バーミンガムに5名の研修スタッフを派遣しました。その研修の様子をご報告します。

【連載】誰でもわかる認知行動療法

<第8回>問題を解決するスキルを身に付けましょう

認知行動療法は「認知」に目を向けて気持ちや行動をコントロールし、こころの力を引き出し、伸ばしていく精神療法です。
大野裕先生による連載です。

大野裕/一般社団法人 認知行動療法研修開発センター理事長


私と家族の手記※原稿を募集しています

私と子どものあゆみ」では、今までお母さまの手記を中心に連載してきました。
今年度からは範囲を拡大し、父、母、夫、妻、兄弟姉妹など・・・さまざまな立場のご家族の皆さま方に、ご本人とのあゆみ、エピソードの手記を募集することになりました。

今回は・・・
「どんなに障害が重くても人は生きたい・生かしたい」/昭和一桁生

【連載】街の診療所からのお便り 増本 茂樹/増本クリニック

<連載102回 病気ではないなら障害年金は受給できないのですけれど>

さまざまな患者さんとのやりとりを通じて、精神疾患のことや薬のこと、本人や家族との対応について語っています。独特の口調で、ほっとする連載です。

【トピックス】障害年金 私の体験 最終回

障害年金がさかのぼって5年間しか支給されないのは誤った運用という問題について、執筆者自身の体験をもとに掲載しています。

特定社会保険労務士・消費生活アドバイザー/木戸義明


【連載】メンタル障害をサポートするための知識―薬物療法を正しく理解する

<連載16 第3章「精神科の薬」の実際 抗精神病薬の副作用>

姫井 昭男/PHメンタルクリニック
情報が簡単に手に入る時代ですが、薬物療法には正しい理解が必要です。少し難しい単語もありますが、読めばよむほど理解できる内容となっています。


【マンガ】真澄 こと葉の つれづれ日記

統合失調症の当事者の真澄こと葉さんが、ご自身の病気の体験や日常生活のこと、家族や友人との絆などこれまでのさまざまな出来事を、病気ワールドにのせてお届けします。 ほっとするひと時です。



読者のページ みんなの「わ」

全国の読者から寄せられる投稿を編集委員会で厳選なる審査をし、掲載しています


〇みんなねっとの感想
〇日常生活のこと
〇詩・イラストなど
採用された方には図書カードをお送りします。
東京都

公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会 事務局

みんなねっと事務局

〒167-0054
東京都東京都杉並区松庵3-13-12

TEL 03-5941-6345
FAX 03-5941-6347