みんなねっと 公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会


 「訪問による家族支援」普及活動 〜英国メリデン版家族支援プロジェクト〜

精神障害者家族会の全国組織である全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)では、設立以来「家族支援」の実現に取り組んできました。この「家族支援」とは、家族に特別な支援を求めるものではなく、本人と家族が共に家族の一員として、家族(家庭)全体への支援を求めるものです。しかし現状の家族支援は「支援者としての家族」としての支援が中心であることが少なくありません。

このような中で、英国では「Family Work」という家族支援技術が開発され、実践されています。このFamily Workで提供される支援は、「個々の家族に対する、訪問による、家族(家庭)全体への支援」であり、まさにわたしたちの求める支援です。わたしたちは、このFamily Workを日本に広めて、本人と家族が共に支援される社会の実現をめざします。

ぜひ、このプロジェクトにご賛同いただき、ご協力くださいますようお願いいたします。

ご賛同のお願い [PDFファイル]

本プロジェクトの関連情報

本プロジェクトについて

公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)とは、精神障害者家族会の全国団体です。

みんなねっとでは設立以来、「家族支援」の実現のために様々な取り組みをおこなってきました。そのひとつが、2009年に全国の家族会員を対象に実施した、家族支援に関する調査です(有効回答数4419名/回収率48.3%)。

" 調査の中で見えてきたのは、「病状が悪化したときに必要な支援がない」「困ったときに相談できるところがない」「必要な知識や情報が得られない」という、孤軍奮闘する家族の姿でした。今なお、家族は「支援者」として終わりのない役割を引き受けています。

調査結果からまとめた「わたしたち家族の7つの提言」では「訪問型のサービス」や「家族に対する適切な情報提供」など、家族支援を具現化するための切実な声があげられています。

そのような中、私たちは英国バーミンガムのメリデン地方で「Family Work」という家族支援技術が開発され、実践されていることを知りました。この「Family Work」で提供される支援は、まさに私たちが求め続けてきた「個々の家族に対する」「訪問による」「本人も含めた家族全体への支援」でした。

近年、家族支援が重要視されるようになってきましたが、現在の家族支援は「支援者としての家族」に対する支援が中心です。しかし、私たち自身も地域で“普通に暮らす”ために支援を必要としているのです。待っていてもこの状況は変わりません。それならば、私たちが本当に求める家族支援システムを自分たちの手で広げていこう!と決心しました。

“Nothing About Us Without Us”(私たちのことを、私たち抜きに決めないで)日本での家族支援を実現するために、私たちは本プロジェクトに取り組みます。

英国メリデン版家族支援について

Meriden Family Programmeとは

Meriden Family Programmeとは,英国ウエストミッドランドにあるメリデン(Meriden)という地名にちなんでつけられた精神障害者(児童青年期や高齢期を含む)の家族支援技術の研修機関で、Birmingham and Solihull Mental Health Foundation NHS Trust内(国民医療保健サービス:National Health Service)の一部門です。1998年より家族支援プログラムの開発と支援者の訓練をおこなってきており、基礎研修修了者4120名、トレーナー研修修了者247名(2011年現在)と英国で最も多くの研修修了者を輩出している世界でも有数の家族支援に関する研修機関です。

Family Workの内容

Family WorkはこのMeriden Family Programmeによってトレーニングされている家族支援技術です。特徴的なのはこの家族支援技術の目標で(1)個別に、主に訪問によって長期間にわたって本人と家族を支援し続ける、(2)本人と家族がいずれ自分たちの力で困難を乗り越えていけるように効果的な問題解決や目標達成ができる技術習得の機会を提供する、(3)精神障害者本人を含めた家族がそれぞれの生活を自分らしく生きることとし、本人と家族と共に支援する「Work with Families」を大切にしています。専門的には、行動療法的家族療法(BFT:Behavioural Family Therapy)といわれるものが原型で(1)病気や治療・社会資源などの情報について本人と家族と共に学ぶ、(2)ポジティブなコミュニケーションのあり方を練習し実践する、(3)家族の中で話し合いがうまくできるよう練習をする、(4)再発のサインを本人と家族とで共有しサインが出たときにどう回避するかを相談しておくなどを、訪問をしたスタッフが本人と家族を交えて、話し合いながらおこなうものです。しかも、この方法は家族一人ひとりの現状やニーズを踏まえて本人と家族と相談しながら進めます。また、この方法は家族全員で参加することが最も効果的ですが、この支援を受けてみたい人が家族の中にひとりでもいれば、まずひとりからでも始められる方法です。

Family Workにおける効果(エビデンスについて)

このFamily Workについては、支持的個人療法(医師等のカウンセリング)を受けている者を対照群とした場合、開始9カ月後の再発率が、Family Work実施群6%と対照群44%より有意に低く、さらに月1回の家族のフォローアップを続け2年後に調査したところ、家族介入群17%と対照群83%と再発予防効果は2年後にも維持される結果でした。これらの研究成果から、イギリスの王立医療評価機構NICE(National Institute for Clinical Excellence)統合失調症ガイドラインにおいても、Family Workをはじめとする一家族単位で本人も交えながら何年にもわたり個別的に支援する密度の濃い家族支援(Family Intervention)は、代表的なEBP(Evidence-based practice)プログラムの一つとされており、イギリスの精神保健医療福祉の標準的な支援の一つとなっています。

今後の計画

本プロジェクトは、「Family Work」の日本での普及を目的としています。そのため、今後数年をかけて家族支援の必要性についての理解を促進し、専門職の皆さんに家族支援技術を身につけていただくための研修会を開催していきます。

募金(寄付金)のお願い

本プロジェクトは、5年をめどに取り組む予定です。
具体的には、英国から家族支援の実践者や支援を受けている家族を招き、実践報告・体験談を語ってもらうことやメリデン版家族支援技術の習得のための養成研修会をおこないます。
しかし、このプロジェクトには多くの費用がかかり、当会の運営状態では実施が困難な状況です。

そこで、プロジェクト遂行のための募金(寄付金)をお願いしたいと思っています。

みんなねっとメリデン募金
銀行口座
三井住友銀行 池袋東口支店
普通 8729724
名義 みんなねっとメリデン募金
郵便局 (ゆうちょ銀行)
口座番号 00180-1-513048
名義 みんなねっとメリデン募金

本プロジェクトにご理解・ご協力くださり、ご支援くださいますようお願いいたします。

「英国メリデン版訪問家族支援」普及プロジェクト賛同者一覧

上田正人(いわくら病院デイケアセンター・精神保健福祉士)、熊取谷晶(京都府精神保健福祉総合センター・精神保健福祉相談員)、佐藤真由美(ACTから地域生活支援を学ぶ会いわて・精神保健福祉士)、社本昌美(北勢病院・看護師(精神科認定看護師)、田野中恭子(佛教大学・保健師)、進あすか(訪問看護ステーションみのり・看護師)、西邑章(京都府丹後保健所・精神保健福祉相談員・精神保健福祉士)、野嶋麻衣子(野嶋社会保険労務士事務所・精神保健福祉士)、福山敦子(ACT-K  ねこのて訪問看護ステーション・看護師)、藤田茂治(訪問看護ステーションみのり・看護師)、松宮透髙(県立広島大学・大学教員・元精神科病院PSW)上利博美(ACT-Kたかぎクリニック・精神保健福祉士)、田辺友理子(横浜市立大学・看護師)、長谷川典子(兵庫県立光風病院、看護師)、三上泰男(家族)、岡﨑公彦(岡﨑クリニック、ACT-ONE・医師)、 大野美子(愛知県瀬戸保健所・精神保健福祉相談員)、 南山浩二(成城大学・大学教員)、 松下和香(精神障害者地域生活支援センター風・精神保健福祉士、臨床心理士)、 木太直人(公益社団法人日本精神保健福祉士協会・精神保健福祉士)、 松本すみ子(東京国際大学・精神保健福祉士)、 渡部裕一(原クリニック・精神保健福祉士)、 三井克幸(ウィズハートさく・精神保健福祉士)、 原敬(松江保護観察所・精神保健福祉士)、 安部玲子(横浜丘の上病院・精神保健福祉士)、 稲沢公一(東洋大学)、 関茂樹(シルバーリボンジャパン)、 小田佳史(Zero Point)、 寺田悦子(特定非営利活動法人多摩在宅支援センター円・看護師)、 土田幸子(三重大学医学部看護学科(親&子どものサポートを考える会・看護師、大学教員)、 金子勇人(社会福祉法人福岡あけぼの会ほのぼのHaKaTa・精神保健福祉士)、 佐能美弥子(高木クリニック、ACT-K・作業療法士)、 谷安正(萌文社)、 廣江仁(社会福祉法人養和会F&Y境港・精神保健福祉士)、 内山繁樹(関東学院大学看護学部・看護師)、 齊藤順子(淑徳大学・精神保健福祉士)、 伊藤千尋(淑徳大学・精神保健福祉士)、 増島明(認定特定非営利活動法人全国精神障害者団体連合会・精神保健福祉士)、 武末顕一郎(認定特定非営利活動法人全国精神障害者団体連合会)、 橋本あけみ(京都市・保健師、精神保健福祉士)、松田美枝(京都文教大学・臨床心理士、精神保健福祉士)、野口正行(岡山県精神保健福祉センター・精神科医師)、吉田久美子(てりてりかんぱにぃ ジョイント・ほっと・精神保健福祉士)、瀧井忍(宇治おうばく病院・精神保健福祉士)、金井浩一(たかぎクリニック・ACT-K・精神保健福祉士)、松本裕介(医療法人里地会クリニック・PSW)、中村慎一(north-ACT・PSW)、真榮平勉(嬉野が丘サマリヤ人病院・精神保健福祉士)、三品桂子(花園大学・精神保健福祉士、臨床心理士)、松本理沙(同志社大学大学院、日本学術振興会特別研究員・大学院生)、今井利華(きょうとWAKUWAKU座・精神保健福祉士)、北野陽子(プルスアルハ・医師)、細尾ちあき(プルスアルハ・看護師)、 市川弘、 中坪太久郎(淑徳大学・臨床心理士)、 中野光昭(NPO法人ドリームファクトリー・精神保健福祉士)、 須田竜太(Q-ACT・精神保健福祉士)、福富恵美子(NPO法人まーぶる・理事長)、小野紀代子(就労支援センター・ヒューマンプラス・精神保健福祉士)、 和田貴子(椙山女学園大学・看護師)、長尾玲子(フリーランス・キルト作家)、梅﨑明日香(五十嵐こころのクリニック、精神保健福祉士)、池田克之(就労支援センターそらいろ、精神保健福祉士)、佐々木正和(聖隷クリストファー大学 社会福祉学部・助教)、 三嶋洋一(宮城県立精神医療センター・看護師)、谷代美子(宇治おうばく病院 精神科デイケアきらり・看護師)、高橋一司(宇治おうばく病院 精神科デイケアきらり・臨床心理士)、 仙波みなみ(宇治おうばく病院 精神科デイケアきらり・作業療法士)、上田真生子(宇治おうばく病院 精神科デイケアきらり・精神保健福祉士)、野村武夫、須井美早、折江鈴子(富山けんかれん・役員)、寺田秀雄(富山けんかれん・役員)、松村豊弘(富山けんかれん・役員)、作田和子(富山けんかれん)、佐藤勉(富山けんかれん・相談役)他富山けんかれん役職員6名、 杉山真生子(地域生活支援センターMOTA・精神保健福祉士)、 三木良子(東洋大学ライフデザイン学部・精神保健福祉士)、 大堂圏治(社会福祉法人はまゆう福祉会・役員)、楢橋恭一(社会福祉法人はまゆう福祉会・役員、家族会会長)、柴田佳代子(社会福祉法人はまゆう福祉会・グループホーム施設長)、栗本英子(社会福祉法人はまゆう福祉会・家族)、古柴敏夫(小倉家族会)、 小嶋佳余、 森陽子(南島原市社会福祉協議会・福祉活動専門員)、古本由美子(地域活動支援センターⅢアトリエぽれぽれ・支援員、家族)、下釜奈美(医療法人清潮会三和中央病院・精神保健福祉士)、荒木明美(NPO法人かたつむりの家・管理者)、松島道子(野の花風館・ボランティア)、宮崎和江(長崎県雲仙会)、宮下榮(長崎県精神障害者家族連合会・会長)、山本正昭(雲仙会)、伊藤恭子(雲仙会)、斧田美代子、中村美津子、廣瀬滋子、田中弘子(諫早市家族会)、田中尋信(諫早市家族会・家族会役員)、池田いくみ(雲仙会)、他家族等2名、 梁田英麿(東北福祉大学せんだんホスピタル S-ACT・精神保健福祉士)、山田千恵子(ねこのて訪問看護ステーション・作業療法士)、古池源造(NPO法人つばさ・理事長)、 松村浩平(ZiPWiZ・精神保健福祉士)、森下ひろみ(足立区精神障がい者自立支援センター・センター長)、多田久子(ふれんどりぃ・精神保健福祉士)、谷内秀和(ふれんどりぃ・精神保健福祉士)、藤重杏弥(ふれんどりぃ・臨床心理士)、冨田守克(ZiP・精神保健福祉士)、鈴木梨沙(ZiP・社会福祉士)、窪田一義(ZiP・職業指導員)、橋本寿々江(WiZ・精神保健福祉士)、星川徳子(WiZ・精神保健福祉士)、戸田美寿(ZiP・精神保健福祉士)、田中秀治(ZiP・精神保健福祉士)、 社団法人 大阪府精神障害者家族会連合会、 杉山強志(地域生活支援センターMOTA・精神保健福祉士) 、今井啓子、小松田博(葛飾たんぽぽ会)、松本美智子(家族)、沼田清剛(さいたま市やどかりの里・家族会員)、松宮透髙(県立広島大学・教員、精神保健福祉士)、宮田喜代司(熊本市心の障害者家族会・会長)、蓑島豪智(医療法人稲門会いわくら病院・医師)、清岩男(新富町ふたば会(家族会)・会長)、瓦谷よしみ(家族)、新銀茂(合同会社アイグルー)、森廣茂治(奥越地区家族会)、永井優子(自治医科大学看護学部・教育研究職、保健師、看護師)、田井豊(京都府こころの健康推進員)、長井麻希江(医療法人社団重仁佐々木病院・看護師)、大寺まり子(民主党神戸市会議員団・市会議員)、武内陽子(川崎医療福祉大学・PSW)、柏木典子(家族)、湯川美和(生活支援センターふらっと・PSW)、中桐浩子(河内長野わかば会・会計)、齋藤弥生(主婦)、飯田麻里子(南晴病院・看護師)、藤原武光(民主党・神戸市会議員)、中嶋紀子(ACT-Zero岡山、株式会社みらい訪問看護ステーション宙・看護師)、照屋美奈子(看護師)、川平理笑(地域包括支援センターれすと)、西谷嘉子(明石ともしび家族会・学校カウンセラー)、八重樫正美(社会福祉法人白ゆり共生会・相談支援)、上野山花菜(社会福祉法人一峰会あすなろ共同作業所・精神保健福祉士)、須井しのぶ(主婦)、木野有美(愛知県立大学大学院精神看護学研究室・大学院生)、小倉千鶴子(NPO法人はりま福祉会・作業所代表)、本條久美子(NPO法人はりま福祉会ワークスノバ田寺・所長)、小林のり子(NPO法人はりま福祉会しらさぎ作業所・所長)、讃井康一(合同会社結い後見事務所・精神保健福祉士)、久保智子(大和診療所(ACT-Zero岡山)・PSW)、横尾俊江(仁明会病院・看護師)、井上春香(仁明会病院・看護師)、小池明美(コアラの会・大学生)、土橋未江(オリーブハウス・PSW)、山口奈理(社会福祉法人さくらんぼ・相談支援専門員、PSW)、齊藤綾子(地域活動支援センター・精神保健福祉士)、立野井香代子(石川県家族会)、紺谷徳子(石家連)、葛原史博(滋賀県立精神保健福祉センター・精神保健福祉士)、川原田弘子(民主党神戸市会議員団・神戸市会議員)、渡邉里佳(三重県こころの医療センター・看護師)、田中俊明(京都府立洛南病院、滋賀医科大学院生・看護師、精神保健福祉士)、森重昌(あゆみの会家族会・家族)、阪井ひとみ(岡山県精神障害者家族会・理事)、伊藤めぐみ(民主党神戸市会議員団・神戸市会議員)他18名、秋野文子(みどり会)、川並正幸(鳰の会・理事)、斉藤勇(高槻明星会)、西川良一(社会福祉法人木の芽福祉会・精神保健福祉士)、森敏幸(社会福祉法人舟伏・精神保健福祉士)、北村枝里子(社会福祉法人舟伏・PSW)、東秀子(家族会なんてんの会)、保坂典子(アフターの会)、小寺清隆(福井県連・家族)、北川容子(NPO法人かれん鹿児島・家族)、加賀誠(小国郷家族の会・会社員)、岡田くめ子(早期家族の集いすたーとらいん・代表、家族)、木崎淑子(家族会「すたーとらいん」・補佐)、雲川雅美(地域精神障害者家族会・代表)、長澤孝信(京家連)、河上紀子(尼崎園田家族会・家族)、西村くみ子(乙訓やよい会)、米倉令二(家族)、興野憲史(栃木県精神保健福祉会・会長)、小山田洋子(神奈川県家族会あおば会)、下山洋雄(こころの健康を考える青森県民会議・共同代表、カウンセラー)、齊藤利恵(尾張旭市役所 健康福祉部 福祉課・精神保健福祉士)、上田康代、秋山哲郎(有限会社博愛看護婦家政婦紹介所・代表取締役、精神保健福祉士)、久居友子(生活支援員)、岡本智恵子(公益社団法人広島県精神保健福祉家族会連合会・代表理事)、榎本宏枝(全国精神障害者団体連合会・理事)、磯崎三重子(清風会富士見台病院・看護師)、中平澄子(鬼北町保健福祉課保健係・保健師)、佐竹桂子(家族)、永尾タエコ他1名、竹内省三(西宮家族会、兵家連きょうだい会)、小久保真理(日本社会事業大学通信教育科社会福祉科)、市川俊朗(家族、精神保健福祉士)、井上友紀子(家族)、小泉啓子(梅の会(小田原家族会)・家族)、高田みちよ(家族)、湯沢友子(医療法人生々堂厚生会森病院・保健師)、本田道子(東京つくし会、太陽の会・ソーシャルワーカー)、山川誠司(国際医療福祉大学大学院青山心理相談室・臨床心理士)、中野久美子(けやきの森病院・PSW)、矢野芳子(上伊那圏域障害者総合支援センター・PSW)、酒井一浩(文江病院・作業療法士)、山崎あかね(大泉病院・精神保健福祉士)、砂川佳代子(糸満清明病院・精神保健福祉士)、澤村俊彦(作業療法士)、片桐知己(家族)、佐原弘子(看護師、精神保健福祉士)、佐原康之、山懸正雄(PSW)、佐藤陽美、吉田耕一(NPO法人飛鳥会・PSW)、品川眞理子他9名、河野理加(NPO法人こころあんしんLight・家族)、白石雄二(福岡県精神障害者福祉会連合会・事務局長)、山本由美、江頭くるみ(ちはやACTクリニック・看護師)、中橋武彦、一木美千代(ヒューマン21家族会、グループホーム世話人)、久下明美(特定非営利活動法人こころ・あんしんLight(こあら)、高槻市教育委員会・社会福祉士、精神保健福祉士、スクールソーシャルワーカー)他1名、辻田雄一(福精連嘉飯山地区家族会・会長)、舘澤謙蔵(いわくら病院・PSW)、村上泰幸(行政書士)、井上譲(乙訓やよい福祉会・支援員)、中田亮太(京都府乙訓保健所・精神保健福祉士)、中村市雄(京都精神保健福祉推進家族会連合会・顧問)、山本芳康(高槻さつき会・家族)、安達富喜子(会社員)、武原一也(自営業)、田辺勝也(自衛隊員)、田辺武男(農業)、山本司(大工)、長岡雅子、吉本良子、石井富子、高畑玲子、松島朱美、石山敏子、谷地喜久子、稲葉伊佐子(乙訓やよい会・家族)、田島敬一(熊本県菊陽病院家族会「のぞみ会」・会長)、末安良光(北九州精神障害者家族会連合会・会長)、山口京子、小川純子(まちだ地域生活支援センターコラボ・精神保健福祉士)、外山明子(病院・PSW)、菅原明美(万成病院・PSW)、岡田圭輔(大阪府立精神医療センター・PSW)、佐々木真裕(PSW)、本山久美子(長谷川病院・作業療法士)、福士浩(会社員)、田中秀幸(会社員)、弓野孝子(ハートねっと日立市民の会)、高田みちよ(学習塾・家族)、福山敦子(看護師)、佐藤宣子(世田谷さくら会)、大越進(栃木県精神保健福祉会)、興野憲史(栃木県連)、瀧川美知子(家族会)、大木広(NPO法人つばさ・施設長)、森口明子(会社員)、山崎美晴(学生)、神谷十三夜(親和会)、山宮良子(青梅家族会ほっとスマイル、奥多摩障がい者地域支援センターかもんみ~る・支援員)、松枝美智子(福岡県立大学、看護師・教師)、小松容子(宮城大学、看護師)、塩入久美子(長岡赤十字病院・看護師)、児玉まゆみ(愛知医科大学看護学部)
(敬称略・順不同)

ぜひ、このプロジェクトにご賛同・ご協力くださいますようお願いいたします。

ご賛同のお願い [PDFファイル]