障害年金、特に診断書を主治医に書いてもらうときに、どんな点を注意して相談するとよいか、ここで考えてみたいと思います。

 初めて障害年金を申請するときに重要なのはその病気の初診日です。この初診日は今の疾患(たとえば統合失調症)の診断が確定した時点ではありません。現在の障がいの原因となっている疾患の前駆症状がありこれについて初診したときなのですが、その判断の仕方の複雑さもあり主治医の先生が誤解されている場合もあります。正確な知識は社会保険事務所や市区町村の年金課の方が持っています。また、年金掛け金を納付または免除していた期間とこの初診日の関係で障害年金の受給権が決まりますので、社会保険事務所などで納付期間を教えてもらったほうがいいと思います。通院中の医療機関にケースワーカー(PSW)がいらしたら、障害年金について教育を受けておられますので、相談してください。

 困難になるのは、カルテの保存義務期間(5年間です)を越えているなどのために、この初診日の証明が初診した医療機関からとれない場合です。ご自分の主張だけでは認めてもらえないことが多く、次に診てもらっていた医療機関のカルテ、診察券や領収書、学校や職場に出した診断書の写しなどから根拠を示せることが必要です。カルテの記述などで月日まで確定できなくても、ある年に受診していたことが明らかになり、その年の納付の条件を満たしていれば、初診日の問題は多くの場合クリアできます。初診日の証明がとても大変になることも多く、そうした場合、正確な制度の理解が必要です。「みんなねっと」の電話相談や専門職の相談窓口に、お困りの時は相談してください。

 さらに初診日の証明のほかに診断名が問題になります。障害年金の対象となる疾患とならないものとがあるのです。古い概念ですが神経症圏の疾患と人格障害圏の疾患は、精神病状態にない場合は、症状が重度でも障害年金給付の対象外としています。さらに触法薬物による精神障がいは精神病状態でも対象外としています。この点も精神科医全体が熟知している状況ではありません。主治医のお医者さんとご自身の病気は何という症状で、病気としては何といわれるのか話し合ってください。障害年金の申請はご自身の病気について認識するためのいいチャンスでもあります。今の病気による障がいについて、そして、その克服について本当に考えるとてもいいチャンスになります。

 「障害の状態」の記載について

 診断書には、障がいの状態を正確に主治医に書いてもらう必要があります。障がいは日常生活や働く場、社会生活の中で現れるので、診察室の診察ではわかりにくいものです。主治医に生活、労働、社会参加に関してどのくらい制約があるかをわかってもらい、これを書いてもらうことが必要です。このためにどうしたらよいでしょう? 生活をうまく話せて主治医がわかってくれていればいいのですが、医師はすべてをわかっているつもりにもなりがちです。伝わっていないのに判っているつもりで主治医が診断書を書くこともまれながらあるように思います。

 まず、生活を知っている人に話してもらうことを考えてください。自分の眼と違って外から生活を見ている人のほうが障がいを見ていることもあります。生活を知る家族や作業所、デイケアの職員、友人などに協力してもらえたら協力を依頼しましょう。用紙にも書いてあるように「一人暮らしを想定」して生活の障害を書くようになっている点も主治医の先生に話してください。単身生活でない場合は現状そのものではなく想像して書く場合もあるのです。

  それでも主治医に話しにくいこともあるでしょう。その場合、医療機関の話しやすい人(看護師、ケースワーカー、事務の方など)に話したり、生活状況を書いて知らせたりしてみることもいいかもしれません。書いてもらうときには診断書用紙の裏側にある「⑩ウ 2.日常生活能力の判定」の欄を参考にしてみてください。

 「障害の程度」は病気の症状に当たる機能障害も併せて総合評価するということになっています。用紙の表側の「⑩ア 現在の病状又は状態像」と「⑩イ 左記の状態について、その程度・症状を具体的に記載して下さい」の欄の記入も大切です。ここに何も書かないで用紙の裏の「⑩ウ 2.日常生活能力の判定」などだけ書いてある場合は機能障害がないのに能力障害があるように受け取られてしまうようです。

 精神の障がいは、てんかんも含めて病状が変化します。ここも主治医の社会医学的判断でほぼ1年間を通じた平均値を想定して書いてもらう必要があり、理解を得られにくい場合がよくあります。

 特にてんかんの方の場合は発作時と発作間欠時は生活能力は全く異なるために、この1年間平均という考え方がとりにくいことがあります。てんかんの認定基準がはっきりしないので、私はてんかんの方の診断書を書く場合は障害者手帳のてんかんの認定基準(発作頻度と発作型による区分)を参考にして生活能力の評価を書くように勧めています。

 診断書を書いてもらったら、すぐに提出しないで、相談した方に見てもらってください。相談した方と診断書を読んでみて、主治医の記載が実際と違うのではないかと考えた場合は主治医や医療機関の方とまた相談してみましょう。

(梶原徹/かじわら とおる)